歯科 オートクレーブ

滅菌チャンバー容積
1.8L
12L
16L
17L
18L
23L
29L
3L
45L
5.2L
8L
クラス
クラスB
クラスN
クラスS
プリンター
プリンターなし
プリンター付き
定格出力
1100W
1300W
1600W
1750W
1800W
2000W
2500W
3500W
500W
900W
浄水ボリューム
2.5L
2L
3.4L
3.5L
3L
5L

荷田歯科の歯科用オートクレーブを選択して、患者の安全を最優先してください。これらの歯科用オートクレーブは、歯科医院で安全で衛生的な環境を維持するために不可欠です。自動オートクレーブ、手動オートクレーブ、ポータブル(小型)オートクレーブなど、さまざまなタイプの高圧蒸気滅菌器を提供しているため、荷田歯科では、ビジネスニーズに合ったオートクレーブを簡単に見つけることができます。こちらの選択は、非常に競争力のある価格で、歯科業界で信頼できるブランドからのものです。

歯科用オートクレーブの分類

高圧蒸気滅菌器はどの歯科医院でも重要ですが、歯科高圧蒸気滅菌器を選択する際に重要な決定事項がいくつかあります。主な決定事項の 1 つは、ご希望のオートクレーブの種類です。オートクレーブには、主に手動と全自動の 2 種類があります。

全自動オートクレーブ

自動オートクレーブは手作業が少なくて済むため、手動オートクレーブにはない利便性を提供します。つまり、自動化されたオートクレーブは、忙しい練習中にあなたとあなたのスタッフの貴重な時間を節約できることを意味します。このタイプのオートクレーブを使用する場合は、滅菌が必要な器具や用品を滅菌器に入れるだけです。次に、滅菌設定を選択し、滅菌プロセスを開始します。開始する前にチャンバーに水が満たされるのを待つ必要はありません。また、終了時に水と蒸気を排出する必要もありません。これらのプロセスはすべて自動的に処理されるため、サイクルが完了したら、それを開いて、乾燥、消毒済みのアイテムを取り出すだけです。これにより、時間が節約され、マシンがより使いやすくなります。

手動オートクレーブ

手動オートクレーブは、2 つの主なタイプのオートクレーブのうちの 1 つにすぎません。この 2 つにはいくつかの重要な違いがあり、どちらが最適かは単に好みの問題です。手動オートクレーブを使用すると、歯科材料やツールの滅菌に使用されるさまざまな設定をより細かく制御できます。たとえば、このタイプのオートクレーブは通常、より広い温度範囲から選択できます。使用可能な設定については、オートクレーブの医療マニュアルを参照してください。自動オートクレーブは、ボタンを押すだけの便利さと使いやすいデザインを提供します。ただし、手動のオートクレーブよりも購入するのに費用がかかります。手動オートクレーブがより柔軟な手動パラメーター設定を提供できるので、一部の歯科医は、それらを好みます。

ニーズに合った適切なオートクレーブを選択することが重要です。そのため、当社では多くのオプションを提供しています。

歯科 オートクレーブ の評価 . 口コミ